LEDディスプレイ 企画・設計
LEDディスプレイ(LEDビジョン)の詳細をご存知無い若しくはLEDディスプレイ(LEDビジョン)の取扱い業者をご存知無く何処に問合せしたら良いのかお困りのユーザー様に対し弊社では企画・設計の観点から詳しく解説させて頂きます。企画書・提案書・稟議書の一助になれば幸いです。LEDディスプレイ(LEDビジョン)のお問合せは是非とも弊社にお願い致します。

❶設置目的
●LEDディプレイを設置する場合は目的用途を明確にするべきです。大は小を兼ねることもありますが無駄に設備費用を掛けるのは得策ではありません。適材適所の企画設計が重要です。掲示板、業務案内などは小型画面でも十分に相手に伝わる場合もあります。
従来の宣伝広告で多いのは一般的には看板でしょう。建物の外壁に設置する場合と自立式看板があります。どちらも静止画看板は簡単には掲載内容を変更出来ず看板のサイズ以上は掲載出来ないのが最大の欠点です。建物の外壁に直接絵文字を塗装したり看板だらけの店舗も良く見掛けます。しかも夜間は看板用照明が必要です。
公共施設などの自立式屋外用掲示板は防水箱の前面に透明アクリル板を使い中に印刷物を貼る場合があります。印刷物の差し替えも大変です。雨天時には雨粒で見ずらいし夜間は看板用照明が必要です。
●LEDディスプレイはイベント用に使用する場合もありますが弊社はイベント用のLEDディスプレイの取扱いはありません。

❷LEDディスプレイの用途・ご提案場所
LEDディスプレイ(LEDビジョン)を下記のような場所にご推奨ご提案致します。
●市役所などの公共施設の業務案内・掲示板・防災情報・緊急速報
●銀行、信用金庫、農協などの業務案内
●ショッピングモールの売場案内・テナントの宣伝案内・キャンペーン告知・イベント告知
●チェーン店様の企業ロゴ・店舗紹介・商品紹介・キャンペーン告知
●病院の診療案内・外国語案内
●観光地の宣伝・外国人向け注意喚起掲示板
●神社仏閣の観光・イベント案内
●スポーツ施設、スポーツジムの宣伝、入会案内
●店舗の宣伝・イベント案内
●自動車販売会社の宣伝  新車紹介
●私立学校の宣伝・催し案内・文化祭案内
●自動車学校の宣伝・教習内容案内
●工場の看板・ロゴ
●生産工場の生産管理・生産管理目標
●会議室のプロジェクターの代替

❸LEDディスプレイの種類
●大別すると屋内用と屋外用があります。
●大別すると個体型と非固定型があります。固定型は看板のように常設するもの。非固定型はイベント用のように短期間に設営、撤去をするものに分かれます。
●ブラインド透過型、スタンド型など種類は多様化しています。



●下画像は屋外用固定型LEDディスプレイ


●下画像は屋内用スタンド式ポスター型LEDディスプレイ


●下画像は屋内用スタンド式LEDディスプレ(プロジェクター代替品)


❹画面サイズ・動画サイズ(縦横比)
●LEDディスプレイの最大の特徴は複数のLEDパネルを縦横組み合わせて自由に画面サイズを構築できる点です。液晶ディスプレイのような継ぎ目はありません。横長画面、縦長画面も可能です。設営場所は選びません。
●LEDディスプレイ画面構成は自由に構築できます。但し動画作成時に画面の縦横比と動画の縦横比を統一する必要があります。統一しないと正常な画面となりません。画像は間延びしたり変形します。

●下画像は960mm角の横3列、縦2段の合計6枚のLEDディスプレイ画面です。


➎画面の鮮明度
●LEDディスプレイは液晶ディスプレイに比べ圧倒的に画面が明るく輝度は10倍以上あり日中の屋外でも十分な視認性があります。
●LEDディスプレイは画像を鮮明にするハイグレースケール、リフレッシュレートなど様々な要素があります。製品性能により鮮明度は異なります。
●従来の赤色LED、緑色LEDに加え青色LEDの発明によりRGBLEDランプが開発され色の三原色が出揃うことでオールフルカラーでの再現を可能としました。一昔前の電光掲示板とは比較になりません。





❻ピクセルピッチ
●ピクセルピッチとはLEDパネル上のLED電球の間隔のことでmmで表します。一般的に屋内用はピクセルピッチが細かく屋外用のピクセルピッチは大きいです。ピクセルピッチは細かい程に解像度は優れていますが価格は高くなります。理由はLEEランプの数が多くなるからです。適正なピクセルピッチの選択が重要です。

❼設置メリット
●屋外用LEDディスプレイはアイキャッチ効果が高く液晶ディスプレイの10倍以上の輝度を誇ります。屋外の日中でも視認性に優れています。防塵防水等級はIP65と屋外に設置出来ます。LEDディスプレイ画面は自由に拡張出来るので用途に応じた画面サイズを選択出来ます、LEDディスプレイ画面自体が発光するため看板用照明は必要としません。
※上画像は960mm角のLEDパネル6枚組を示します。点線のように1枚組、2枚組、3枚組、4枚組にも対応可能です。
●LEDディスプレイは画像データを差し替えるだけで自由に掲載内容を変更出来ます。データ転送方式によりパソコンと連動したり遠隔でも画面を制御可能です。

❽設営造営物
●建物の外壁に設営する場合は鉄骨材を外壁に固定し鉄骨材にキャビネットを固定します。外壁がRC造の場合はホールアンカー、鉄骨造の場合は親骨にITハンガーで鉄骨材にALC壁の場合はALC壁にボルト穴をあけ補強材と固定します。
●空地又は駐車場の一角に野立て看板風に自立架台を設け自立架台に取付けた鉄骨材にキャビネッツトを固定します。その際のコンクリート基礎及び鋼製支柱の太さ、厚さ、強度は風圧荷重を考慮し風速60m/secに耐えるものとします。



❾画面構成
●LEDディスプレイの画面サイズを用途に応じて決定します。画面サイズにより設備導入費用、電気料金は大きく異なります。適材適所が重要です。
●NovaStarマルチメディアプレーヤーは、中小規模のLEDフルカラーディスプレイ用に設計されています。 この種のプレーヤーは街灯柱スクリーン、チェーンストアスクリーン、広告機、ミラースクリーン、小売店スクリーン、ドアヘッドスクリーン、オンボードスクリーン、PCを必要としないスクリーンなどのLED商用ディスプレイ分野で広く使用できます。
●NovaLCTは、Windowsで実行されるディスプレイ構成ソフトウェアです。 マルチメディアプレーヤーアプリケーションではNovaLCTは、受信カード、監視カード、および多機能カードと連携して、スマート設定、輝度調整、電力制 御、自動再生設定、LEDエラー検出、及びLED画面のハードウェア監視を可能にします。 ユーザー様はコンピューターで画面のすべての重要な情報を簡単に制御して、いつでも最適な表示を得ることができます。
マルチメディアプレーヤーの一般的なネットワークを図下記にに示します。



●下記の専用ソフトウエアで複数のキャビネットを一つの画面に統一します。


❿周辺機器
●パソコンの動画データをLEDディスプレイ画面で再生するためにはセンダーBO及びマルチメディアプレーヤー、送信カード、受信カードが必要です。



⓫製品仕様・製品保証年
●LEDディスプレイはLEDチップメーカー、ピクセルピッチ、輝度、消費電力、リフレッシュレート、防塵防水性能、製品保証年など製品性能はピンキリです。業界には激安品又は製品保証1年物も存在します。販売オンリーの販売業者にはご注意お願いします。

⓬業者選定
●LEDディスプレイの専門業者は地方には多くは存在しません。屋外用LEDディスプレイ看板を設営するには屋外広告業と電気工事業の許認可登録が必要です。万一不具合が生じた時は一早く不具合個所を見極め部品交換し旧プログラムを新しいプログラムに再構築しなければなりません。専門技術の確かな業者を選定するようお願いします。

⓭電源工事・消費電力

●一般的に一構内一契約の電力会社の規約原則があるため既設の分電盤より電源を供給します。弊社の取扱うLEDディスプレイはキャビネット/1PCS当たり最大750Wです。AC100V20A回路を必要回路数分の保安規定に基ずき配線工事をします。
既設分電盤、既設幹線、契約アンペアが容量不足の場合は増強格上工事をします。
LEDディスプレイを電源の無い所に設置する場合は新規電源工事と電力会社への新規申請が必要です。
LEDディスプレイの消費電力は平均電力と最大電力で表します。実は消費電力は動画の作成にも関わりま画像に黒色を多く採用すれば消費電力は押さえられます。理由は黒色はLEDランプが消灯した状態になります。

⓮通信工事
●データ転送方式によりLAN転送方式を選択した場合は客先のPCからセンダーBOXまでLANケーブルで配線工事をします。

⓯データ転送方式
●USB転送→パソコンのデータをUSBメモリーにコピーし専用STBに挿入します。
●LAN転送→パソコンと専用STBをLANケーブルで常時接続します。
●無線LAN転送→パソコンのデータを無線Wi-Fiで専用STBに飛ばします。
●遠隔による転送→パソコンと専用STBをWi-Fi環境下で接続します。
※原則、パソコン及びインターネット、Wi-Fi環境はお客様側のご手配をお願いします。
※データ転送方式によA若干設備費用が異なります。




⓰図面作成・承認依頼
●お打合せにより設営内容が決まり次第設備図面を作成し承認依頼と供に提出致します。


⓱動画制作
●原則、動画制作の際はLEDディスプレイ画面の縦横比と動画の縦横比を統一する必要があります。縦横比が異なると正常な画像を反映しません。
●小型画面では解像度が悪くビデオ動画は鮮明に再生されない場合があります。
●ご要望により動画制作も承ります。場合によりよりインパクトのある3D動画制作も可能です。
●弊社は別料金で動画制作も承ります。

⓲システム価格
●原則、システム価格は設置するLEDパネルの枚数とピクセルピッチに比例します。設営場所条件、電源工事の条件、データ転送方式により若干追加料金が発生する場合もあります。詳細は御見積書を参照願います。
●原則、弊社のシステム価格は東京、大阪の都心の設営会社に比べ3割程度お安く販売しています。

⓳設置許可申請
●屋外広告物は所轄の関係部署に屋外広告物設置許可申請します。
●屋外広告物は上端4mを超える場合は建築許可申請が必要です。
●屋外広告物は地方条例により設置制限を受ける場合もあります。
●屋内広告物の場合は設置許可申請は必要ありません。

⓴電力会社へ申請・電気料金
●電源の増強格上げ工事が必要な場合は所轄の電力会社へ申請します。
LEDディスプレイを稼働するには稼働時間に応じて電気料金が生じます。電気料金は高圧受電又は低圧受電、電気料金プランにより電気料金単価が異なります。LEDディスプレイの規模、LEDディスプレイのメーカーにより消費電力が異なります。弊社は節電タイプの製品を採用しています。設備に応じた電気料金のシュミレーションを致します。



❶お問合せ
❷現地調査
❸プラン提示・御見積書提示
❹ご注文・契約書締結
➎図面作成
❻所轄官庁許可申請
❼海外の提携先メーカーに対し製品の発注をします。製品は特注品です。納期はおおよそ2箇月です
❽製品の生産が完了したら契約した運送会社に依頼し輸入、入管手続を行います。
❾お客様に工事工程表を提出し工事日の了解を頂きます。
❿運送会社より製品が弊社に到着したら現地で設営工事を行います。
⓫電気工事、通信工事等も引き続き行い工事を完了させます。
⓬現地で自社PCにより専用の画面構成プログラムを設定しテスト動画をアップロードしテスト画面が正常か否かをを確認します。
⓭システムの引渡しをします。
⓮納品書、請求書を提出して設備代金の清算をさせて頂きます。
⓯必要に応じ定期点検及び不具合が生じた場合の初期応動、製品保証を致します。

※原則、製品は海外より船便で輸入致します。特注品の為キャンセルは出来ません。予めご了承下さい。